『さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning 実践ガイド』を読んでます

今回は久しぶりにITのお話です。

数年前に取引先の方からIBMの「Watson」に関する本をいただいたことがあって、それ以来AI技術の動向にずっと着目していました。

例えば最近は次のようなAI関連のニュースも話題になりました。

『DeNA「サイト炎上」MERY、iemoの原罪とカラクリ』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20161202-00065073/

「自動で会計、待ち時間なし アマゾンがコンビニ進出」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN05H1T_W6A201C1000000/


というわけで技術者としてAIに触れておきたいなぁと思っていたときに、『さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning 実践ガイド』という本を見つけました。


ちょうどKindle版がポイント還元で半額くらいで変える時だったので、早速購入して、Azureを触ってみています。

まだ1/3くらいですが、素人でもわかりやすく、基本的なAIサービスの操作、は体感できそうな印象です。

以下、地味に苦労したので、メモを残しておきます。

■ 本で引っかかったところ
①ユーザ登録の時の本人確認で、確認コードの取得がわかりづらい
電話番号を入れるところが2か所あり、2つ目(下の方)に番号を入れると、入力BOXの右側のリンクが出てきます
これを押すと、SMSか自動応答の電話で、認証コードが、教えられるのですが、ぱっと見なにをしたらいいかわかりません
よくわからなかったので、リンクを押していたら、英語の電話がかかってきて、ちょっと驚きました。
⇒ SMSでコード送るリンクを押せば大丈夫です。

②MS Azuruの画面が本と違う
やや古い本なので、画面が変わっていました。
なんとなくの操作したり、ネットの情報で対応できるので、慌てなくても大丈夫です。

③「Machine Learning Studio」の起動の仕方が分かりづらい
本に従って、Azuruにログオンし、ワークスペースを選択しましたが、「Machine Learning Studio」が起動しませんでした。(無料版のせいかもしれませんが)
「Machine Learning Studio」のリンクが右下にあるのですが、リンクを押してもチュートリアルページにいくだけで、「Machine Learning Studio」が起動しませんでした。
いろいろやって、チュートリアルページからさらに「Machine Learning Studio」の無償版の使用を選択する必要がありました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント