イオンがITを使って地域エコシステムの実証実験中


たまには、SEらしい記事を(笑)

イオングループが千葉県で、ITを使って、ショッピングモールを中心とした「地域エコシステム」を作っているそうです。

■地域エコシステムの内容
①IT化による買い物の利便性の向上

オムニチャネル、双方向コミュニケーション、ドローン・ロボットの活用
②物流、交通の利便性の向上
ネットスーパー、当日配達、デマンド交通システム(バス)
③ITを使った包括的な健康管理支援
かかりつけ薬局、地域医療と連携、ペットの健康サポート、御用聞き

※参考ページ

「地域エコシステム」
http://www.chiiki-ecosystem.jp/index.html

エコシステムでのSalesforceの使われ方
https://twitter.com/nakayama_san/status/755639461606719488


私が驚いたのは、ITを使ってショッピングモールの業態を大きく進化させようとしていることです。
エコシステムを抑えることは、消費者の生活基盤を抑え、その強みをいろいろな事業に展開できると思います。

例えば、これらすべてのサービスに、WAONが使われれば、消費者の動向がかなり正確にわかると思います。
これを同グループの金融部門が使えば、訴求力の高い金融商品を展開できます。

また、このサービスは、クラウドを使ってスピード化に力を入れている事も先進的と思いました(2つ目のリンクです)
「モバイルファースト」という言葉も載っていますが、最初からプロタイプ開発をベースにした、サービス開発の仕組み化すれば、非常にスピード感を持ったサービス提供が可能と思いました。


まさに、未来の小売業の姿だと思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント