救急車に乗りました

2週間くらい前から、仕事・プライベートともにトラブルが多発してブログを更新できませんでした。
すみませんm(__)m

で、そのトラブルの関係で、1週間で2回も救急車のお世話になりました
幸い2回とも命に係わるほど重大な問題ではなかったのですが、いくつか分かったことがあるので書きたいと思います。

■救急車にのって分かった事
①玄関のカギは開けておく
どうやら必ず、「玄関のカギは空いていますか?」と聞かれるようです。
正直、救急車を呼ぶくらい切迫した状況だと、空いているかわからないし、開けてる余裕もないと思うのですが、空いていないとい言ったら、「空いてないんですか?」と言われました(笑)
ということで、呼ぶ前にまず玄関のカギを開けた方がいいと思います。

②結構揺れる
1回目は自分の病気で呼んだのですが、ストレチャーの上でかなり振動を感じ、病気の痛みにかなり響きました
車の構造や、スピードも出すせいだと思いますが、揺れると覚悟しておいた方が良いと思います。

③いろいろ聞かれる
アレルギーや既往歴、普段の血圧などいろいろ聞かれます。
必要な事ですが、体調悪くて乗っているので、1人で乗っていて自分で答えるのは結構しんどいです。
あらかじめ、カルテのようなものを自分で用意しておくのが良いと思いました。

④ほかの緊急車両もくる事がある
場合によっては救急車以外の緊急車両も一緒に来ることがあるようです。
突然たくさんの方が来られるので、他人の目を気にする方は、日ごろから家を片づけておいた方が良いと思います。

⑤必要な貴重品を用意する
そのまま病院に行くので、お金・保険証・携帯・部屋の鍵等バックに入れて用意しておきます。
いざ救急車が来るとあわててしまうので、カバン似れてすぐに救急隊の方に渡せるようにしておくとよいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント