防犯について

Twitterを見ていたら、私が10年以上前に買った防犯に関する本の画像を見つけて、びっくりしました(笑)
画像を投稿していた方と話をしたら、その画像はネットでよく流れているのだそうです。

そこで、今回は昔何冊か読んだ防犯に関する本のポイントを書こうと思います。

■防犯のポイント
①トラブルが起きてからの対策ではなく、起きないようにする対策をする
たいてい護身術の本は、トラブルが起きてからの対処法が書かれています。
しかし本来は、トラブルが起きないような対策がもっとも重要かつ効果的です。
これはプロのボディーガードの方が書かれていた事です。
身近な対策では、例えば以下のようなものです。
 ・家の窓の鍵の2重化
 ・家に防犯ブザーを付ける
 ・家、車に防犯ステッカーを貼る
 ・車に防犯装置を付ける
 ・トラブルが起きそうな場所にいかない、行動をしない


②とっさの時に役に立つ対策を身につける
例えば、防犯グッズをカバンの中に入れていても、実際の場面ではそれを出す暇が無いと言われます。
また、格闘技を普段練習している人でさえ、不意にトラブルに襲われると技は出せないという話もあります。
トラブルが起きたときは、体も心も普段と違う状態になります
そいう場合に動ける方法や、グッズを身につける必要があります。
また、何かするよりも、その場を静かに収めることの方が重要という場合もあります。
どんなケースに何をすべきか、実際のシーンを想定して対策を身につけることが重要です。

③常に防犯に気を配る
①②と関連しますが、常に防犯に気を配らなければ、対策もとっさの時の判断もできません
どういう事態が想定されて、何を準備するか、実際に起こったらどうするかを、常に考えながら行動するようにします。
また、そのために普段から犯罪やトラブルについて情報収集にも気を配ります
そうすることで、トラブルに巻き込まれること自体を減らすことができます。
また、自分が相手だった場合にどんな方法をとるか仮定してみるのも効果的です。

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント