Article

        

季節の変わり目の体調管理

2013/ 10/ 12
                 
最近、寒暖の差が大きく周りで体調を崩す人が増えています。
私も疲れが取れなかったり、集中力が落ちたり、体調不良を感じています。

そこで今回は季節の変わり目で気をつけるべき点をネットで調べ、まとめてみました。

■季節の変わり目の体調管理で気をつけること
1.意識して体を休める
夏の暑さを過ぎ、いろいろ活動しやすい季節になりましたが、体はまだ季節の変化になれていません。
また気温の差があることや気候が変わることで、自分が感じない部分で体に負担がかかっています。
いつもより多めに体を休めるようにしましょう。

2.睡眠の注意
昼もそうですが、夜も気温が毎日変わったりします。
暑い日もあれば涼しい日もあって、どんな寝具を選んでいいか迷うことがあります。
毎日同じ格好では体を冷やしすぎたり、逆に暑くて眠れなかったりします。
布団、パジャマ、エアコンをうまく使って、体温を一定に保てる工夫をするようにします。

3.生活リズムを整える
1とも関連しますが、体に負担を増やさないように決まった生活リズムを意識することが大切です。
私自身も夜ふかしをしてから、体調が不安定になりました。

4.食事に気を付ける
体の調子を整えるために食事は特に重要です。
自律神経に影響を与えるような刺激物は避け、消化がよくて栄養バランスを考えた食事をとりましょう。


1~4は普段の生活でも大切なことですが、季節の変わり目は特に注意が必要なようです。
また、体調不良が長く続く場合は、一度内科を受診するのもよいと思います。
                         
                                  

コメント