新しい職場での課題

5月から新しい職場に異動になりました。
今まではソフトウェアベンダーに派遣されていましたが、現在は実際のお客さんのところに派遣され、日々業務システムの開発をしています。

技術的には思ったよりも早く適応できましたが、想像していなかった部分で課題が出ています。
それは、社内のステークホルダーの調整が大変な事です。

新しい部署は非常に前向きな意識の高いグループで、常に業務以外の多くの課題に挑戦しています。
このため、私も本業以外に3つの役割を与えられました。

この3つの役割をこなすことも大変なのですが、関係するステークホルダーの調整にとても時間がとられます。

具体的には、課題の成果に対しては、リーダークラス以上の3人がそれぞれ別の方向から詳細な指摘を行います。
1人1人は生産的な指摘ですが、3名が別の事を言うと、その調整工数がかなり膨らみます。
さらに、ここに自分が進めたい方向性があるため、計4名の考えを調整をしなければなりません。

直接みんなで話せば一番早いのですが、2名がそれぞれ作業場所が異なるため、メールでやりとりしています。
これがさらに問題をややこしくする事も多いです。

現時点の対策はで社内SNSを活用してコミュニケーションを双方向にすることですが、より抜本的な対応を感がなければいけないと思いました。

ビジネスシーンではよくあることだと思うので、良い方法を見つけていきたいです。

テーマ : 仕事の現場 - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント