コンテキストを踏まえることの重要性

とりとめの無い話ですが、最近ちょっと思ったことを書きます。

以前読んだ、『リファクタリング・ウェットウェア』という本では、コンテキスト(状況)を踏まえることの重要性が書かれています。

これは、何かを理解しようとしたときに、「その考え方がコンテキスト(状況)を踏まえているか」を必ず意識しなければならないという事です。

最近あった出来事で、この「コンテキストを踏まえること」で、理解できたことがありました。
それはこの前回記事にしたトイカメラの話です。

知り合いがこのトイカメラを写真を見たときに、どうして画質が悪い写真をわざわざ撮るのか不思議がっていました
私は、この風合いを気に入ってこのカメラを買ったと説明しましたが、良く分かってはもらえませんでした

しかしこの出来事に「コンテキスト」を加えるともう少し理解を深めることができます。

この知り合いはもともとカメラが好きで、性能のいいカメラを買って旅行先で綺麗な写真をたくさん撮っています。また最近、新型の"iPod Touch"を買って、その写真の綺麗さがとても気に入っていました。
だから、トイカメラの写真を見ると、その価値は分かりづらかったのです。

逆に、私の方は昔から、写真を撮るのも、撮られるのもあまり好きではありません。
せいぜい記録のために撮るくらいでした。
それは、自分の心の中の風景は、写真では表せないと考えているからです。
そう考えている私にとって、トイカメラの写真は、まさに気持ちが残せる写真でした。

このように同じ写真を見ても、その人のコンテキストを理解しないと、それがどのように見えているかを理解することができません

ライフハックも全く同じで、その人のおかれた状況、性格、目的を踏まえないと、意図した効果は得られないと思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント