「オルトファクト」時代のバランスのとり方

最近気になっているのが「オルトファクト」「ポストファクト」時代にどうバランスをとるかということです。

そもそも「オルトファクト」「ポストファクト」とは、トランプ政権になってからよく聞かれるようになった言葉で、「1つの事実に対していろいろな解釈が成り立ち、複数の真実、それぞれの真実がある」といったような考え方の事です。

これは昔からよくある事ですが、特に最近これが堅調になっている原因が次の3つだと思われます。
 ① SNSで、事象の一部分だけが強調され、強いイデオロギーとともに拡散される
 ② 同様にそもそも事実でないことあるは不確かな事が事実として拡散され、それがイデオロギーを強化する
 ③ 特にSNSは意見が近い人とつながっているため、①②で視野が無意識に狭くなっていく


以前はTVや新聞などのメディアがある程度、見解を統一して、時間をかけて広がっていたものが、今はあっという間に広がり、しかも立場で解釈がどんどん離れていきます。

これが、「オルトファクト」時代だと思います。

ここで私が危惧しているのが、「事実の把握」「深い考察」が難しくなっている事です。
①では事象の全体を把握することができず、本当の事実は何か、全体像、前後関係をきちっと把握できません
②③も不確かな事実の積み上げで、状況の認識、判断の前提条件ができあがってしまい、適切な分析と判断ができなくなります

現在は社会が複雑化していて、単純に物事を判断できる状態ではありません
にもかかわらず、こういった状況が進むことは、今後社会の大きな問題の原因の1つになるのではと考えます。

特に、左右のイデオロギーを持つ方が、1つの事実に全く違う見解を持ち、お互いが相手を「オルトファクト」だと言っている状況に強い危機感があります。

この対策として私が行ているのは、次の2つです。
・違うイデオロギーの意見を確認し総合して判断する(バイアスを加味する)
・何が実際に起こった事なのかじっくり情報を集める事(特に一次情報を重視)


これからも自分の意見が「オルトファクト」にどこまで影響されているかチェックしながら、バランスをもって物事判断できるようにしていきたいと考えています。

余談ですが、こういった客観的な判断を支援してくれるサイトがあると助かるなと思います。
イメージとしては1つのニュースに対して次の情報もセットで分かるサイトです。
 ・ニュースの元になっているデータや情報を、出展が確実性の表記とともに見れる
 ・そのニュースに対して、左右それぞれの意見と、バイアスが数値で分かる


Wikiのような形でみんなが協力して、こういった判断を支援するサイトができればいいなと思っています。

余談:
先日のマイケルサンデル教授の特番ではまさに「オルトファクト」で対立状態になっている、トランプ派と反トランプ派の討論による、お互いの理解を模索していました。
ポイントは直接会話をすること、そしてそれを整理する人間がいる事だと思いました。
お互いを攻撃し合っていても、溝が深まるだけで問題は解決しないし、より良い解決策も見つからないので、こういった取り組みが必要だと思いました。

仮想通貨取引で得た教訓2(ロスカットの考え方)

前回の「1. 値動きが激しいので、確実稼ぐには利益確定とロスカットを小さくする」で、新たに気づいたことがあるので、追記します。

4. 狙っている相場に合わせてロスカットの有無を決める
以前暴投/暴落の相場で、損をしてしまったことがあるので、必ずロスカットを付けるようにしました。
しかし、中期的な上昇を狙った相場でこれをやったところ、一時的に来る利益確定売りに巻き込まれて、一瞬価格が下がった時にロスカットが発動されて、上昇しているはずの仮想通貨が安い値段で売られてしまうという事態になりました。

ですので、「ロスカットの有無」については、次のような使い方良いのではと思っています。
・短期的(数日)で利益を出す場合
 テイクプロフィットを小さめ(10~20%)、ロスカットをさらに小さめ(0.5%)にしておく
・中長期的(数ヶ月)で利益を出す場合
 - テイクプロフィットのみを指定、または
 - リスクがある、取りたくない場合は、一時的な下落価格を考慮したうえでかなり低い値のロスカットを指定

正直上の方法を使っても穴があり、うまくいかない場合もあります。
やはり仮想通貨取引は難しいと感じます。

なお、もし意図しないロスカットが発生した場合も、また元に戻った高い価格で、通貨を買わずに、もう一度利益確定売りで下がった場合に買い直すように注文を出しておくのが良いです。
そうすれば、ロスカットによる意図しない売りを多少はリカバリできます。

仮想通貨取引で得た教訓

ここ数か月間はアクティブな仮想通貨の運用をしていました。

結果としては、プラスマイナスゼロですが、いくつか気づいたことがあるので共有します。

1. 値動きが激しいので、確実稼ぐには利益確定とロスカットを小さくする
大きく利益を出すには、できるだけ値上がりを待ったほうが良いのですが、仮想通貨は価格がいつ上がって、いつ下がるかが全く想定できません
条件付き注文ができるサイトを使って、特定の価格になれば自動で売り買いできるようにするのが必須と思います。
個人的には利益は1割、ロスは5%を目安にしています。

2. 長期保有の方が利益を出しやすい
1にも関連しますが、短期で利益確定とロスカットを繰り返すと、すぐにお金が入る反面、リスクを取らないと小さな利益しかだせません。
今までの経験では、数ヶ月保有し、安い価格で買って値上がったら売るということをした方が利益が大きいと思います。
仮に買ってすぐに、値下がってもあせらずに、次の値上がりまで待つのがよいと思います。
(今なら数ヶ月以内には上昇相場が必ず来ます)

3. 上昇相場で利益確定したら欲をかかない
繰り返しになりますが、いつ下がるかは想像できないため、一度上昇相場で利益が出たら、価格が下がるまでは別の通貨に投資した方が得策と考えます。
上昇相場を読み誤って、得た利益を超える損失を出したことが数回あります。
そういう意味では冷静さや忍耐力が重要と思います。(何の投資も同じですが)

『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』の感想

今回は『孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA』をご紹介します。

【評価】(A~C)
 A

【概要】
この本は著者が経験してきたソフトバンク流の「高速PDCA」を紹介する本です。
PDCAの回し方を、事例を交えながら具体的に書いています。
また、どうしてそのPDCAが必要なのか、どんな効果があるのかにも触れられています。

具体的に、ソフトバンク流の「高速PDCA」のポイントは以下になります。
1. 大きな目標を数値で立てる(週、月)
2. 小さな目標を数値で立てる(1日)
3. 目標達成に有効と思われるものをすべて洗い出す
4. 期間を決めて有効なものをすべて同時並行に試す

 試すときは結果を詳細に記録する
5. 毎日、目標と結果の違いを分析する
6. 検証をもとに毎日改善する
7. 一番優れた方法を洗い出しそこに集中する


【こんな方にオススメ】
・仕事で早く、確実に成果を出したい方
・副業のやり方に悩んでいる方
・資産運用がうまくいかない方


【感想】
実はこの本は、数日前に会社の役員から「これ読んで中身教えて!とむちゃ振り(?)」されて読み始めた本です(笑)

しかし読み始めてみると、まさに今自分が知りたかったことが、とても分かりやすく説得力のある形で書かれていて、ぐいぐい引き込まれました。

読んでみて思ったのが、著者の方は「非常に仕事ができる人」ということです。
仕事の実績もそうですが、文章の書き方、論理展開の仕方、数値の見せ方など、とても高いレベルだと思いました
だからこそ、この「高速PDCA」にも大変説得力がありました。

ネットでは、「中身がありきたりという」書評もありましたが、私にとってはソフトバンクの強さの源泉の1つに振れたという思いです。
(ADSL参入時のやり方がすべて計算されていた等)

ちなみに、自分に参考になったのが「数値目標」と「日単位の目標」の話でした。
なんとなく、これらが大切と思っていたことが、具体的なやり方が分かったのが一番の収穫でした

知識を得たい方よりは、実践的なノウハウを知りたい方、それをすぐに試したい人に役立つ本と思います。



**その他のビジネス書の感想は、こちらをご覧ください。

【ご案内】4/8(土)に新橋にて「ストレスマネジメント入門」セミナーを開催します!

SEという仕事柄、ストレスマネジメントは非常に重要なスキルになります。

このブログでも何度もストレスについて取り上げてきました。
http://3ryuse.blog35.fc2.com/?q=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%8D%E3%82%B9

その集大成を入門編としてセミナー化したのが、「ストレスマネジメント入門」です。

内容はすでに会社でも教えているもので、実践的かつ体系的で、すぐに使えるものを多く紹介しています。
また、演習を通して「わかる」から「できる」に変える工夫も取り入れている。

今は1500円と通常の半額に設定していますので、気になった方は是非、ご参加ください!

* ストアカのサイト利用が手間な方は、このBlogのコメントやメッセージから、直接参加のお申込みください!


「タスク管理入門」セミナーが無事終わりました

以前からストアカに登録していた「タスク管理入門」セミナーの第一回が無事終了しました。

『 【初心者歓迎】社員研修担当者が教える「タスク管理」入門』
「やる事がたくさんあって、全然終わらない!」「何から手を付けていいかわからない!」を解消します。
https://www.street-academy.com/myclass/17132

もともとこの内容は、会社で若手・中堅社員に教えているもので、ちょうど最近も中堅社員への教育をしたばかりでした。

今回ご参加いただいた方(1名)は、すでにGTDやポモドーロテクニックにチャレンジしていた方で、具体的な質問をたくさんしていただき、非常に熱心に受講いただきました。
教える側としても、とても教えがいのある、非常に濃密な2時間だったと思います。
御過分なレビューもいただきました。
https://www.street-academy.com/myclass/17132#review_box

以下、備忘録として良かった点、改善点を書いておきます。

■良かった点
・セミナーの内容が要望と合致していた
「タスク管理」の基礎をまとめたものでしたが、誰でも最初につまづくことを整理してあったので、そこは「知りたい事」とズレていなかったようです。
・双方向で受講者の方が知りたい事を伝えられた
今回はマンツーマンということもあり、テキストにこだわらずに知りたい事に答えるという形式にしました。
なかなか意見を持っていない方だとうまくいかない方法ですが、今回は熱心な方だったので、非常にうまくいきました。
(ストアカには向いている方法かと思いました)
・事前に進め方や知りたい事の認識合わせができた
これも受講者の方から事前に問い合わせがって、認識合わせができたことでした。
今後も事前に進め方や知りたい事を確認するとよいなと思いました。
・行動につなげられる設計になっていた
研修で一番重要なのが「どう行動に結びつけるか?」です。
教えられたときはやりたいことが浮かんで、熱もあります。
しかし、日がたつと熱が冷め、やりたい事も忘れてしまったりします。
これを当日のワークシートで、「次のアクション」まで決めてしまう事で、行動に結びつけやすくしています。

■改善点
・やや内容が多い
資料だけでも40Pあり、初めての方には情報が多すぎると感じました。
本当の基礎編と、応用で章を分けた方が良いかもと思いました。
・演習シートが分かりにくい
実際にやってみると、誤解や、同記入したらいいかわからないという部分がありました。
内容を改善し、記入例を付ける必要があるなと感じました。
・休憩のタイミング
事前に思っていたタイミングでは遅すぎて、疲れてしまうということが分かりました。
1時間で切ってしまうか、テキストに休憩を明示する必要があるなと感じました。


ちなみに、ストアカでは4つのセミナーを公開していますので、今後も要望を見ながら順次開催したいと思います!

【初心者歓迎】社員研修担当者が教える「タスク管理」入門
「やる事がたくさんあって、全然終わらない!」「何から手を付けていいかわからない!」を解消します。
https://www.street-academy.com/myclass/17132

【婚活・恋活】社員研修担当者が教える男性のための「モテる技術」入門
出会いがない、普通の恋愛をしたいのになぜかうまくいかない、婚活に疲れている、そんな男性に「モテる技術」をお伝えします
https://www.street-academy.com/myclass/13864

【只今1000円!】社員研修担当が教える「作業パフォーマンス向上」
「時間が足りない!」「全然仕事が終わらない!」「やる事ばかり多くて大変!」を解消します。
https://www.street-academy.com/myclass/18243

【只今半額】 社員研修担当者が教える「ストレスマネジメント」入門
ストレスとうまく付き合って、最高のパフォーマンスを出す方法を教えます!
https://www.street-academy.com/myclass/19435

作業効率化のちょっとした工夫(その3)

最近新たに工夫している事があるので、ブログで紹介したいと思います。
〇過去の関連記事
・作業効率化のちょっとした工夫
・作業効率化のちょっとした工夫(その2)


■作業効率化のちょっとした工夫(その3)
・重要なタスクは、整理とファーストステップ出しまで最初にやる
GTDをしていると週次、日次のレビューでタスクをTODOリストに入れます。
この時に、タスクのファーストアクション(そのタスクを始めるために一番最初にやる簡単な作業)を洗い出しておきます
こうしておくと、そのタスクで何をするかというところで悩まずに、すぐに取り掛かる事ができます
 例) [タスク]企画資料の作成 ⇒ [ファーストステップ]以前管理職と話したアウトラインのtxtを見返す

・黄金時間を戦略的に活用する
人は誰でも1日の中でもっとも集中力が高まる時間があります。
私の場合は10~12時の間です。
この黄金時間で、1日の中でもっとも重要なタスクをできるだけ終わらせるようにします
逆に重要でないタスクや、メールや電話の割り込みもできるだけ避けるようにします。

・しかかり休憩
これは、コンテキストスイッチを応用した工夫です。
コンテイストスイッチとは、作業Aから別の作業Bに取り掛かるときに発生する、頭の切り替えの事です。
作業効率を上げるには、シングルタスクにして、この切り替えをできるだけ少なくする事が重要になります。
これを応用して、作業Aが終わって、休憩に入る前に作業Bの準備をしておきます。
(作業Bのための資料を印刷しておく、フォルダを開いておく等で構いません)
こうしておくことで、休憩後の作業再開がとてもスムーズになります

ビットコインのアービトラージをやってみました

■背景
最近ビットコインがまた盛り上がっています。

私は、MtGoxが有名になり始めたころから取引をしていますが、途中MtGox破たんに巻き込まれて、それなりの損失を出しました。
ただ、それはビットコインの価値を下げるものではなく、取引所の信頼性の問題だと考えていました。

そこで、また取引所が整備されだした昨年秋位からまたビットコインの取引を始めています。

ビットコインの1番の魅力であり、リスクでもあるのが、価格変動がまったく想定できないことです。
その商品の特殊性や、需要の不明瞭さから、過去のデータも参考にならず、素人の私には常に手探りです。

そんな中であったのが「アービトラージ」という方法でした。

■ビットコインの「アービトラージ」とは
一言でいうと、A取引所とB取引所のビットコインの価格差を利用して、利益を出す方法です。
例えば、こんな感じです。
 A取引所:1ビットコイン\9,000円で売っている(ここで購入)
  ↓
 B取引所:1ビットコイン\9,5000円で売っている(ここで売却)

この差額で利益を上げるのが、ビットコインの「アービトラージ」です。

ただし、実際にはこんなに価格差はなく、せいぜい差額は1~2%、しかも差が生まれるのは数分や数時間の事が多いです。
ただ、アービトラージにはビットコインの価格の上昇に限らずに利益を上げられるというメリットもあります。

ですから今のところ、かける時間とエネルギーにくらべて、利益は少ないというのが、正直な感想です。

ただし、私が実際にやってみて気づいた事がいくつかるので、ご紹介したいと思います。


■ビットコインの「アービトラージ」で気づいたこと
①取引所の選び方
・信頼性

 ビットコインで一番注意が必要なのがこの部分です。
 破たんや、セキュリティ事故でトラブルにならないように信頼ができ、実績のある取引所を選ぶ必要があります。
・登録のしやすさ
 海外の取引所は登録が難しいものがあります。(パスポート他)
 また、登録は簡単でも、入金やビットコインの取引にたくさんの書類が必要な取引所もあります。
 事前にこれらを十分に確認します。
・入金のしやすさ
 入金方法も取引所によってバラバラです。
 自分の入金方法で、少ない手間と手数料で実現できるか、確認します。
・手数料
 アービトラージはあまり大きな利益をだせません。
 したがって、以下に手数料を抑えるかも大切なことです。
 利用するすべての取引所で、お金の振り込み、引き出し、ビットコインの取引、移動にどれだけのお金がかかるか事前に調べ、1回の取引で実際にはどれだけの利益がでるか確認しましょう。
・価格の差
 利用する取引所の過去のチャートを見てどの程度の差額が、どれくらいの頻度で生まれるのかを事前に調査します。
 これが大きいほど利益が生まれますが、差額と頻度はまちまちですし、逆転する場合もあります。
 ヒントとしては取引額が多い取引所と少ない取引所では差額が生まれやすいようです。
・普段の「取引量」と「入手金スピード」
 アービトラージでは、差額が生まれた瞬間に取引をするスピードが大事です。
 しかし、実際に欲しい価格で売り買いができるかは、その取引所の取引量次第です。取引が約定しない間に差額が消えることもよくあります。
 普段どれだけの頻度で取引が行われているかもチェックしましょう。
 また、「入手金」には審査が入り、それでも時間を取られます。現金、ビットコインの入出金に普段どれだけ時間がかかるのか、営業日が影響するかなども確認が必要です。

②リスクと対策
・価格変動
価格変動があると取引所の価格差が無くなったり、逆にビットコインの価格自体が下落して損失を出すことああります。
 ⇒ 【対策】価格が安定しているか、上昇傾向の時に取引する。

・取引約定
せっかく安い価格で買いたい、高い価格で売りたても、取引が約定しないことがあります。
 ⇒ 【対策】多少取引益が減っても約定しやすい価格帯を狙う。(時間が一番のリスクのため)

まずは少額で経験を溜めるのがベストと思います。
ただし、取引額を増やした場合、手数料や取引の制約率が変わるので十分注意してください

またそれでも損失が出た場合は、無理をせずにビットコインのまま持ち続け、価格が高まった時に売る、あるいはより価格差が大きい外国通貨で売っておき、次の取引を狙うのも1つの方法です。

③利益をたくさん上げるには
・リアルタイムで状況把握、対応できる仕組み
 情報の取り方、取引の仕組みを十分に把握して、取引所間の差にすぐに対応できるようにすることが大切です。
 サイト、ツールやアプリの使い方をマスターしましょう。
・別の通貨を絡ませる
 アービトラージの利益率をより高めるには別の仮想通貨や、現実通貨を絡ませると効果的です。(より大きな差益がえられます)
 ただし、複数の通貨を絡めるほど、手数料が増え、また価格変動のリスクも増えるので注意が必要です。
・入出金サイクルを作る
 アービトラージは繰り返し行って利益を上げる必要があります。
 例えば次のようなサイクルで、いかに手数料を減らすか考えておく必要があります。
  例)銀行⇒(現金振り込み)⇒A取引所(ビットコイン購入)⇒(ビットコイン移動)⇒B取引所(ビットコイン売却)⇒(現金振り込み)⇒銀行⇒先頭に戻る

『さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning 実践ガイド』を読んでます

今回は久しぶりにITのお話です。

数年前に取引先の方からIBMの「Watson」に関する本をいただいたことがあって、それ以来AI技術の動向にずっと着目していました。

例えば最近は次のようなAI関連のニュースも話題になりました。

『DeNA「サイト炎上」MERY、iemoの原罪とカラクリ』
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20161202-00065073/

「自動で会計、待ち時間なし アマゾンがコンビニ進出」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN05H1T_W6A201C1000000/


というわけで技術者としてAIに触れておきたいなぁと思っていたときに、『さわってわかる機械学習 Azure Machine Learning 実践ガイド』という本を見つけました。


ちょうどKindle版がポイント還元で半額くらいで変える時だったので、早速購入して、Azureを触ってみています。

まだ1/3くらいですが、素人でもわかりやすく、基本的なAIサービスの操作、は体感できそうな印象です。

以下、地味に苦労したので、メモを残しておきます。

■ 本で引っかかったところ
①ユーザ登録の時の本人確認で、確認コードの取得がわかりづらい
電話番号を入れるところが2か所あり、2つ目(下の方)に番号を入れると、入力BOXの右側のリンクが出てきます
これを押すと、SMSか自動応答の電話で、認証コードが、教えられるのですが、ぱっと見なにをしたらいいかわかりません
よくわからなかったので、リンクを押していたら、英語の電話がかかってきて、ちょっと驚きました。
⇒ SMSでコード送るリンクを押せば大丈夫です。

②MS Azuruの画面が本と違う
やや古い本なので、画面が変わっていました。
なんとなくの操作したり、ネットの情報で対応できるので、慌てなくても大丈夫です。

③「Machine Learning Studio」の起動の仕方が分かりづらい
本に従って、Azuruにログオンし、ワークスペースを選択しましたが、「Machine Learning Studio」が起動しませんでした。(無料版のせいかもしれませんが)
「Machine Learning Studio」のリンクが右下にあるのですが、リンクを押してもチュートリアルページにいくだけで、「Machine Learning Studio」が起動しませんでした。
いろいろやって、チュートリアルページからさらに「Machine Learning Studio」の無償版の使用を選択する必要がありました。

【ご案内】「タスク管理入門」の講座を始めました!

個人講座の第二弾として『社員研修担当者が教える「タスク管理」入門』を登録しました!
https://www.street-academy.com/myclass/17132

ちなみに、今回は「モテる技術」と違い、とてもスムーズに承認していただけました(笑)

講座の内容は、私が若手社員に研修で教えている物と同じです。
実践的に、初心者によくある課題への対応方法をお教えしますので、
興味のある方は是非リンク先か、メールフォームからお申し込みください!

---------------------------------------------------------
「やる事がたくさんあって、全然終わらない!」「何から手を付けていいかわからない!」を解消します。

<こんなことを学びます>
限れた時間で、仕事(タスク)をどうやってこなしていくかを、分かりやすくお伝えします。
(GTD、ポモドーロテクニックをベースにお伝えします。)

<こんなことが出来るようになります>
・「あれやってない!」が無くなります。
・余裕をもって作業に取り組めるようになります。
・たくさんの作業が管理できるようになります。
・仕事、プライベートを問わずに、時間をうまく使いながら、やる気をもって、作業をこなしていけるようになります。


<こんな風に教えます>
理解度に合わせて、わかりやすく丁寧に教えます。
また、自分の経験、今まで指導してきた経験を交えながら、レベルに合わせて、すぐに使える実践的なノウハウをお伝えします
セミナーの内容には、社員研修の手法を導入し、「身に付くこと」「実際に使える事」に重点を置いてお伝えします。

<こんな方を対象としています>
・若手社員の方
・チームリーダー、サブリーダー、係長になりたての中堅社員の方
・やる事がたくさんある主婦の方
・実践的な作業管理、時間管理に興味がある方
プロフィール

3流SE

Author:3流SE
東京のソフト会社で、社内トレーニング他の間接業務をやってます。
ライフハックを仕事やプライベートに取り入れてよりよい生活ができるように奮闘しています。

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント